ふくだあやレディースクリニック

ネット予約

ふくだあやレディースクリニック

MENU

当院の妊婦健診

Prenatal checkup with fetal anomaly scan

胎児スクリーニング付妊婦健診

当院は近隣の分娩病院と提携し、オープンシステムを利用した妊婦健診を行っています。このシステムは、簡単に言えば、健診は自宅や職場近くのクリニックで受けてお産だけ分娩病院というもので新しい妊婦健診のスタイルです。これは私たちが在籍していたJCHO大阪病院で始まったもので、お母さんにとっても病院にとっても利便性が高く、最近では他の病院にも広まってきました。

しかしながら、私たちがオープンシステムに携わりながら感じていたのは、胎児スクリーニングが不十分かもという不安でした。

お母さんは妊娠35週頃にクリニックから病院に転院してこられますが、この妊娠週数になるとエコーで赤ちゃんがよく見えなくなるため、胎児スクリーニングによるご病気チェックはほとんどできません。

そのため、オープンシステムご利用のお母さんは、エコーがよく見える妊娠30週までにクリニックで胎児スクリーニングを済ましていただく必要があるのですが、実はクリニックは通常医師1人で忙しく、診察時間内にできるエコーは赤ちゃんの推定体重と4Dエコーぐらい(4Dエコーでは赤ちゃんのご病気はわかりません)で、最低20分は必要な胎児スクリーニングまで行うのは厳しいのが正直なところです。

胎児スクリーニングが不十分であった場合、重症のご病気を持った赤ちゃんが予期せず出生してしまうリスクが高まることから、そのようなことができる限り起こらないよう、病院では見えないながらも一生懸命エコーを行いリスク軽減に努めていましたが、オープンシステムのお母さんもしっかりエコーを受け安心なお産をしていただくことはできないかと常々頭を悩ましていました。

このような経験から、当院のオープンシステムのお母さんは妊婦健診で全員胎児スクリーニングを受けていただくようにいたしました。幸い当クリニックは産婦人科医師2人が在籍しているためマンパワーに余裕はあり、また胎児ドック外来も併設していることからスクリーニング精度は十分です。当院の妊婦健診は、他クリニックではなかなか実現できない、胎児スクリーニング付き妊婦健診ということになります。

また、分娩を取り扱う病院の先生方が少しでも安心していただけるように、胎児スクリーニングの詳細な報告書もご紹介状に添付させていただくようにいたしました。

胎児スクリーニングを受けていただきますので少し費用はかかりますが、当院の胎児スクリーニングは母子手帳の公費補助券をご利用いただけますので、胎児スクリーニング専門施設で単独で受けるより少ないご負担で済むようさせていただいています。

当院の胎児スクリーニング付妊婦健診で赤ちゃんの安全なお産をしていただけると思います。これから生まれてくる赤ちゃんのためにぜひ当院をご利用下さい。